インクとは

現在、企業はもちろん、家庭用プリンターも多く普及しています。
現在の家庭用のプリンターは主にインクジェット式が採用されています。
インクジェット式とは、インクを非常に小さな粒にし、静電気によって紙に吹き付けるという方法で印刷するものです。
インクジェットプリンターで使われるインクには、染料インクと顔料インクの二種類があります。


染料インクは、紙に色素をしみこませて色を付けるインクです。
昔からよく使用されてきたインクで、光沢が出やすく、乾きやすいというメリットがあります。
デメリットとしては耐水性・耐光性に弱いということがあげられます。
時間がたつと色あせてしまうという問題があるのです。
それをカバーする形で登場したのが、顔料インクです。
顔料インクは耐水性・耐光性が高く色あせがしにくいというのがメリットです。
しかし、デメリットとして、乾燥が遅く印刷したばかりの印刷面を擦ると色落ちしやすいという点があります。
粒子のため目詰まりを起こしやすいのです。
そして乾燥が遅いことにより私たちに起こりうる問題として、印刷されたばかりの紙面に触れると手にインクがついてしまうことがあるのです。


また、現在のインクカートリッジは、インクが切れると交換しなくてはなりません。
交換をしようとしたときあやまってインクが手についてしまうという経験をしたことはないでしょうか。
インクの交換には、コツが必要で手を汚さずに交換するのは実は少し難しいのです。
それでは、手についたインクはどのように落とせばよいのでしょうか。
当サイトでは、インクの落とし方についてご紹介します。


≪Recommend Site≫
純正品の品質とほとんど変わらない環境にも優しいリサイクルトナーの専門通販サイトです ⇒ リサイクルトナー

Copyright © 2014 手についたインクの落とし方 All Rights Reserved.